【得する趣味】ポイントサイトの使い方

初代α7はフルサイズミラーレスとして現役で活躍|α7Ⅲと比較考察

2014年、ミラーレスカメラにフルサイズのセンサーを搭載したSONYのα7が登場しました。

それまでの市場には、サイズが小さめセンサー(APS-C規格)を搭載したものしかありませんでしたが、このカメラがその壁を打ち破り登場したとき、カメラファンの衝撃は相当なものだったと記憶してます。

私が「あったらいいな」と思っていたは発売日に飛びついて購入しました。もう4年以上使っており、

2018年12月末現在も、現役で使っているこのカメラを改めて紹介したいと思います。

α7は現役で活躍する最安値フルサイズミラーレスカメラ

α7の基本スペックと外観

ミラーレスカメラの強みである軽さを維持しつつ、フルサイズセンサーを搭載して画質のレベルがグンと上がっています。

高感度も強く、ダイナミックレンジもハイレベル、そんなα7の基本スペックは以下の通りです。

画素数 2,470万画素
画像素子 35.8mm×23.9mm(フルサイズ)
連射 5コマ/秒
重量 416g
マウント αEマウント
実売価格 約9万円

かなりすっきりとしたデザイン、上から見てもボディの薄さが分かると思います。

当時、最前線のスペックだったα7ですが、シリーズの最新モデルであるα7Ⅲと比較すると見劣りする点もあります。

α7とα7Ⅲの比較

○α7Ⅲで進化した主な性能

  • オートフォーカス精度
  • 瞳オートフォーカス
  • ボディ内手ブレ補正

○α7の方が勝っている点

  • ボディ重量
  • 価格が安い

いわゆる”ハイスペック”を求めるのであればα7Ⅲ一択だと思いますが、価格面の買いやすさを考えるとα7も十分ありだと思います。

使っていて感じるのは、とにかく軽くて持ち出しやすいということです(α7Ⅲは565g)。実際に買うとなったら価格が倍以上違うのも魅力でしょうか(α7Ⅲは約19万円)。

α7とα7Ⅲを比較考察

α7とα7Ⅲの価格差は約10万円程度です。

すでに何台かミラーレスカメラを使っている方で、オートフォーカスのさらなる機能向上を期待されている方はα7Ⅲ一択だと思います。

オートフォーカス…ピントを自動で合わせる機能です。素早く動く被写体を撮ろうとしたり、ササッとテンポいい撮影をしたい場合に重宝します。

ただし、しっかりピントを合わせた写真であれば、画質はほぼ変わらないと考えていいでしょう。画素数もほぼ同じ約2,500万画素程度になります。

今、α7を買うという選択肢は十分ありだと思います。冷静に考えて、倍のお金を出して最新機種を買う必要があるのか、一度考えてみることをおすすめします。

私がα7を買った理由

何かのきっかけで、youtubeや写真共有サイトを見たとき、「デジタル一眼レフってこんなに綺麗な写真が撮れるんだ」と衝撃を受けました。

10年前、初めて買ったのがSONYのα55というカメラです。自分がイメージするような背景がボケた写真をれたとき、面白さにハマりました。

写真共有サイト:PHOTOHITO(運営:価格.com)

PHOTOHITOは、各メーカーのカメラやレンズ、その組み合わせごとに写真データを見ることができるようになっています。自分が気になるレンズで実際に撮れた写真を見て、購入の参考にすることができます。

α7で私が使用しているレンズ

私が現在使用しているレンズは「Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z」「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z」2本のみです。

望遠側を使うことがあまりないからでしょうか。基本的にこの2本だけで十分運用できています。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z

518gとそこそこの重さにはなりますが、広角ズームでF4通しの守備範囲が非常に広いレンズです。けっこう寄れる(接写できる)し、ドイツの名門Zeiss(ツァイス)ブランドを冠するのが所有欲を満たします。

旅行で絶景に出会ったとき、このレンズのズーム領域は理想の画角を切り取ってくれます。思い出の景色を最高の画質で残したいときに必要なレンズです。

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z

こちらもZeissブランドですが、ズームではなく、Sonnar(ゾナー)という種類の単焦点レンズです。焦点距離の55mmはポートレート(人物撮影)を中心に活躍します。

開放F1.8の明るさは、抜群のボケを生み出し被写体を浮かび上がらせます。家族や恋人を素敵に撮るならこのレンズで決まりでしょう。

なお、ライバルレンズには「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA SEL50F14Z」がありますが、15万円程度しますし、過剰スペックとなってしまう人は多いと思います。

ちなみに、以前は「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Z」も持っていました。

軽量で使い勝手がよい焦点距離という強みがあった一方で、結局納得感がなくて手放してしまいました。例えα7という最小最軽量のカメラに付けていたとしても、結局それなりに嵩張ります。

「気軽に持ち出したい」という需要に対しては、コンパクトカメラやスマホの方が要件を満たすという結論です。

α7の作例

1/3UP予定。

関連記事

ちなみに、ちょっとしたお出かけやテーブルフォトを撮るときは、わざわざミラーレス一眼を持ち歩くことはありません。いわゆるちょっと高価なコンパクトデジカメを使っています。

lx9

TDLでコンパクトカメラが活躍|パナソニック LX9のレビューと使用ストラップ

画質よりも、持ち出しやすさを優先するシチュエーションでは、このLX9を選択しています。

ポイントサイトの活用術

「ポイントサイト」を一言で表すとウェブ広告の集合サイトです。

経由してECサイト利用やヘアサロンの予約を行うことでポイントが貯まります。