【得する趣味】ポイントサイトの使い方

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018に演出エキストラとして参加した話

2018年のB’zのライブ「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」は、30周年の集大成となるベスト版のツアーとして開催されました。ここで募集エキストラによるステージ演出として参加してきたのでレポートします。

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-のエキストラに当選

このツアー、B’zファンの方はもちろん、あまりB’zを知らないという方でも楽しめるセットリストになっています。

  • Pleasureツアー…人気曲を集めたベスト盤のセットリスト。近年は周年(X0周年、X5周年)年度に開催。
  • アルバムツアー…ニューアルバムがリリースされる前後から始まる。ツアータイトルに直近リリースのオリジナルアルバムの名前が入っている。半分は往年の人気曲から選曲される。

そして今回はステージ演出のなかでファンによるエキストラ出演が募集されていました。私は公式ファンクラブであるB’z Partyの会員であり、公式からメール案内がありました。

HINOTORI- 演出エキストラ募集のお知らせ – B’z

倍率は高く、当選は難しいと思いながらも応募したところ、これがまさかの当選!

私がエキストラ参加したのは味の素スタジアム(東京都)の2Daysのうち1日目でした。そして2日目は、通常通りの客席観戦というスケジュールでした。

ちなみに…

このエキストラ出演は、通常公演の演奏中(1曲の間)のみとなります。しかし、集合時間はかなり早めに設定されており、当日のチケット保有者(=ライブ参加者)は事実上同日に両方に参加することはできません。

そのため、このエキストラ出演のためにライブ会場に足を運ぶ日程を、その分追加で抑えておく必要があります。将来、似たイベントがあるときは、日程が重複してしまわないよう注意しましょう。

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-のエキストラ当日の様子

エキストラ当日の集合とステージ上の立ち位置について

結論から言うと、「基本的には早く集合場所に着いていた方がいい」ということを伝えておきたいと思います。

当日の会場である味の素スタジアムの18時半の集合を通知されていましたが、17時半過ぎに到着した段階でもそれなりに列が長く伸びていました。

ここでなぜ早く集合場所に行くべきかを解説します。

集合場所に出来ている列は、一列になっており、先着者から順々に並んでいきます。ここの最前列がAグループ、次はCグループ、最後はBグループとなります。

そして、1時間ほど待ったあと、手荷物を預けてリストバンドを貰います。相当レアな記念品ですね。

その後、また指示に従い再整列します。ここで3列に分けられることになります。

ここで分かる通り、AとC、そしてBと続く並びでスタンバイをすることになります。そして出番前になると指示があり、ステージ内部に入場していきます。

係員さんからの指示の内容

具体的なステージ裏への移動についての案内の他に、バックステージでの諸注意のアナウンスがありました。

  • B’zのスタッフとしてライブを盛り上げて下さい
  • 演奏中にB’zの二人の手を伸ばすなどして進路を妨害しないで下さい
  • (ただし、メンバーの方からハイタッチがあれば避けたりする必要はありません笑)

要は常識の範囲内で盛り上がりましょうということですね。

各グループは、ステージにこのように配置されます。

やはり集合が早かった順にB’zのお二人に近づけるエリアに行くことができるようになっていました。私達は、Cの赤い部分にポジションを取りました。これが結果的にかなり良い結果となりました。

エキストラ参加したときの本番レポート

アンコール2曲目の演出となるため、アンコール1曲目が始まる前にステージ裏に配置されます。そのため、1曲目の演奏を裏で聞くことができました。

今回のツアーのアンコールの曲目は、おおよそこの通りとなっていました。

hinotoriツアーのアンコール曲目
  1. Brotherhood
  2. 愛のバクダン or ギリギリchop
  3. RUN

つまり、Brotherhoodが聞けて、愛のバクダンかギリギリchopに参加できるというわけです。私達は、味の素スタジアム1日目に参加したため「愛のバクダン」の演奏時の出演となりました。

アンコール2曲目がスタートし、イントロが転調し幕が開けます(スタッフの方が手でズバッと下ろします)。

結論から言うと、15年以上にも及ぶファン暦史上、最高の瞬間がそこにありました!

エキストラ出演中の衝撃
  1. 曲中に稲葉さん、松本さんに触れられる(少なくとも本当に目の前を通る)
  2. 出演スタンバイ中、ギター交換する松本さんからアイコンタクトを貰えた
  3. メンバーと同じように演奏中の生音をステージで聞くことができた

どの点をとっても、またとない貴重でエキサイティングな経験となりました。本当にスペシャルな時間でした。

今回ツアーはファンクラブ限定ハワイ公演も!

なお、今回は国内の全国ツアー終了後、9月にファンクラブ限定のハワイ公演がありました。しかしこのイベントは、日程の関係で残念ながら参加できませんでした。他の多くのブラザーも、一週間程度会社を休むことが出来ずに涙を飲んだことでしょう。

しかしそのライブの様子を臨場感ある映画館のライブビューイングで見ることができましたので、その様子もレポートします。

B’z Pleasure in Hawaii ライブ・ビューイングに参加した話

簡易なものですが、よかったら読んでみて下さい。

ポイントサイトの活用術

「ポイントサイト」を一言で表すとウェブ広告の集合サイトです。

経由してECサイト利用やヘアサロンの予約を行うことでポイントが貯まります。