【得する趣味】ポイントサイトの使い方

’20年7月どこかにマイル旅行記⑤那覇空港(沖縄県)が3度目の当選

どこかにマイルで再び那覇に行きました。そろそろ離島も行ってみたいところではありましたが、初の夏の沖縄を振り返ります。

新型コロナが若干落ち着いていた7月、5回目のJAL どこかにマイルを使った沖縄旅行に行ってきました。これで5回中3回が沖縄です。

どこかにマイルで3回目の沖縄旅行が決定

JALの非常にお得なサービス、どこかにマイルは以下の記事で解説しています。

JAL どこかにマイルの使い方と注意点(沖縄3回当選実績)

国内の30程度ある空港のどこかに僅か6,000マイルで往復航空券を発行できるサービスです。上記の記事で解説している通り、便に空きがあれば4つの候補に選ばれる可能性があり、何度も再検索すれば狙っている空港を含めた候補が出てきます。

沖縄へ出発!弾丸トラベル1日目はホテルライフを満喫

いつも通り羽田空港から那覇空港へ出発

どこかにマイルでの旅行ということで、当然JAL便です。

なんと行きの飛行機では富士山の頂上が見えました。沖縄が近づくと綺麗なエメラルドグリーンの海が見えました。テンションが上がっていきます。

那覇空港到着後、レンタカー店へ移動しホテルへ出発です。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートに到着

今回のホテルはANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートです。外にはチャペルがありましたが、この環境だと稼働率は低そうです。

敷地内にはチャペルがありました。リゾート婚いいですよね~。

今回はクラブフロアに宿泊ということで、通常のレセプションは通り過ぎ、クラブラウンジに行きチェックインの手続きを行います。

クラブラウンジへは改装したばかりのオシャレな廊下を通り向かいます。

クラブラウンジはとても綺麗、しかも静かでした。到着の疲れもすぐに吹き飛びます。チェックインではスタッフの方から説明を聞きながら、ウェルカムドリンクを頂きます。

吹き抜けに面したエレベーターで部屋に向かいます。今回のクラブフロアは最上階です。

部屋はシンプルですが、ホワイトを基調としたシンプルなデザインです。どことなくハレクラニっぽい感じでしょうか。リゾートホテル感があります。

外は急なスコールでいきなりの荒れ模様です。部屋のお風呂から外が見えるのは、ブセナテラスもこんな感じの作りでした。

お部屋の清潔感もバッチリなので、部屋の快適さは十分です。

このあと、またクラブラウンジに戻り、アフタヌーンティーを楽しみます。ラウンジの外は相変わらず悪天候のままです。フロアは明るいからいいんですけどね。

一人ひとり好きなドリンクをオーダーしティータイムがスタート。

アフタヌーンティーのセットが運ばれてきました。手前のサンドイッチと2段のワゴンで1人前です。お昼ご飯は少な目にしておくことをおすすめします。

セルフでフルーツジュースやコーラも飲めます。至れり尽くせりです。

ナッツ類、キャラメルチョコもありました。

十分にアフタヌーンティーを堪能したあとは、部屋に戻りました。この頃にはまた天気が良くなってきました。

この時期の沖縄は急に天気が変わります。一気に晴天とグリーンの海が見渡せるようになりました。部屋からの景観は最高になり、常夏気分に。

ということで、夏の沖縄を堪能すべくプール、海に繰り出すことにしました。

雨上がりの晴天はめちゃくちゃ気持ちいい!

沖縄旅行は、これまで冬ばかりだったので、実は夏を楽しむのは初めてです。ホテルのプールに入ることもできました。

プールからそのまま海にも出ることができます。波も穏やかで久しぶりにぷかぷかしたり、泳いだりしました。

泳ぎ疲れたら、部屋に戻ります。日差しの反射が綺麗ですね。こんな写真撮っていたんですね。ブログ用に振り返るまで忘れていました。

そしてまたまたクラブラウンジに戻り、今度はカクテルタイムです。

天気が好転したあとのラウンジからは、気持ちのいい景色が見られるようになっていました。

早速お酒を頂きます。スパークリングワインからスタートです。

おつまみセットもサービスされます。後になって分かりましたが、お代わり的なこともできるようです。このセット、いろんな種類のおつまみがあるので満足度が高いです。

アルコールが進みます。カクテルもちょっと変わったのがあったので頼んでみました。けっこう美味しかったのを覚えています。

サンセットの時間になると、ベランダからの撮影チャンスです。右下にプールが見えますが、これは今は使われていないようです。いい場所にあるんですけどねぇ~。

ラウンジを後にしてからは、少しだけホテルの周りを散歩しました。

一日目はこんな感じで終了です。到着後、ほぼホテルで過ごして終わりました。

ラウンジが使える場合、ほぼそれを堪能するだけで終わっちゃうような気がします。

2日目はちょっとだけ観光して帰ります

朝ごはんもクラブラウンジです。この日も天気が良く気持ちいいです。

基本のセットはこの通り。これに加えて簡単なブッフェもあります。

ホテルのロゴが入ったチョコレートパンが気になったので食べてみました。チョコが濃厚で美味しかったです。でもいろんなものを少しずつ食べてもお腹いっぱいになっちゃいますね。

パン、サラダ、フルーツ、チーズ、ハム、基本的に不足はありません。

朝食を食べたあとは、この絶景ともお別れです。1泊の旅行なのでホテルを後にします。部屋から見える景色は、空と海の青、緑の草木のコントラストがとても綺麗です。

レンタカーに乗って観光に出発します。

斎場御嶽(せーふぁーうたき)で願い事

琉球王国・尚真王時代の御嶽である、斎場御嶽(せーふぁーうたき)。それが正直、どのようなものかは正直私は分かっていないのですが…、とりあえず向かいます!

斎場御嶽 – Wikipedia

入場料ですが、大人300円、子供150円です。

メインのスポットでは案内係の方が他のお客さんに解説をしていました。その少し後ろで、私たちは願い事をかけました。「聖なる空間」ですからね。

斎場御嶽を出た後は、車でニライカナイ橋を通りました。正式にはニライ橋とカナイ橋と2つの橋に分かれています。降りてじっくり堪能しようと思いましたが、なにやら途中で駐車するスペースもなさそうだったので車の窓からパシャリ。

天気も良かったので、景色がいいと評判通りの絶景でした。

百名伽藍(ひゃくながらん)でティータイム

ドライブを続けて本島南部の高級ホテル、百名伽藍(1泊2名で10万超)に到着しました。しかし今日は旅行から帰る日です。泊まれるわけではなく、喫茶での利用です。

正面の駐車場に車を停めると、モニターでチェックしているのか、中からスタッフの方が出てきて案内をしてくれました。

室内もテラス席も空いていたため、ちょっと暑かったもののせっかくなのでテラス席をチョイス。

島の南側の海を眺めながら、わらび餅、プリン、フルーツ、ロールケーキのセットを頂きました。旅行中はついつい食べ過ぎてしましますが、よしとしましょう。

食べたあとはスタッフの方に少しだけ館内を案内をして頂きました。快く各所のご案内を頂き、おもてなしのレベルが高いと改めて感じました。

ウミカジテラスに寄り道して那覇空港へ

最後、時間調整も兼ねてウミカジテラスに寄り、ちょっとだけ飛行機の離着陸を眺め、ゆっくり過ごしました。弾丸トラベルでしたが満足度は十分ですね。

那覇空港にある回転寿司で小腹を満たし、飛行機に乗り込みます。

そしてなんとここで嬉しいサプライズ。機材変更により、飛行機がエアバスA350という最新機種になりました。乗りたかったのでテンションが上がります。

国内線にもかかわらず、A350はエコノミーから全席に個人ごとにモニターが付いています。

沖縄-羽田なので映画を観る時間も十分。国際線ほど種類は多くありませんでしたが、話題の最新作が何作かラインアップされていたので、皆さん鑑賞されていました。

1泊2日でしたが、沖縄の夏を最後まで楽しんだ旅行となりました!

GoToを使わなくても超コストパフォーマンスがいい

2020年はGoToトラベルという利用者にとってとても安く旅行ができる制度がありましたが、どこかにマイルを使った旅行はほぼそれに匹敵するお得感でした。

6,000マイルで往復の航空券、こんなお得な制度は使わない理由がありません。

そして、6,000マイルはポイント活動すればすぐに貯まります。

JAL どこかにマイルの使い方と注意点(沖縄3回当選実績)

私の「JAL どこかにマイル」結果を振り返り(過去5回)

「ポイントサイト」と「JAL どこかにマイル」で国内線航空券を無料で発行

ポイント活動×JALどこかにマイル、ぜひお試しください。

以上、「’20年7月どこかにマイル旅行記⑤那覇空港(沖縄県)が3度目の当選」でした。

ポイントサイトの活用術

「ポイントサイト」を一言で表すとウェブ広告の集合サイトです。

経由してECサイト利用やヘアサロンの予約を行うことでポイントが貯まります。