【得する趣味】ポイントサイトの使い方

大企業の経理部門が実際に取引しているおすすめ転職エージェントサービス3選

私の会社でも中途採用時に募集を行っている、2つの転職エージェントサービスを紹介します。

やたらな数の”おすすめ転職サービス”を紹介しているサイトも多いですが、どこまで根拠ある情報かわかりにくいものがあるのは事実です。

この記事で紹介している2つの転職サービス(リクルートエージェントJAC Recruitment)は、東証一部上場の大手グローバルメーカーである私の会社でも使っています。

今、経理の仕事を探すということの意味

経理人材の市場環境を考える

今から経理の道を歩もうとしてい方には今さらの話になるかと思いますが、経理という職種の将来性に一応触れておこうと思います。

考える経理、会社の経営をサポートするために経理スタッフは生き残り、これからはより重視されます。逆に、判断を伴わない簡単な作業だけやっていたいという事務員は淘汰されることになります。

AIやEPRなどの技術革新で経理は効率化が進んでいく

経理の仕事を通し、経営をよりサポートする情報を取りまとめ、外部に対しより適切な情報を提供することを考えていくことこそが進むべき道です。

それはやりがいもあり、スキルアップ、キャリアアップに繋がっている道です。興味がある方はぜひ一緒に経理のお仕事をしていきましょう。

登録する転職エージェントサービスを選ぶ際に最も重要なポイント

転職エージェントサービスを選ぶ際に重要なポイント
  1. 企業から見た採用ターゲットに自分が含まれるサービスを使う
  2. お互いリーズナブルにマッチングする企業の提案を受ける

20代であれば、まだ経験を重視されるよりポテンシャルを評価して採用される傾向が強いと言えます。一方、30代、40台であれば、相応の社会人経験、経理経験を期待されるケースが多いです。

自分のレベルに合った、身の丈に合ったサービスに登録し、企業側とお互いWin-Winとなるような採用となるよう見極めることが大事です。

卑屈にならない&背伸びもしない

あなた自身が自分を過小評価する必要もないし、企業から過小評価される筋合いもありません。自分ができること、自分に期待した欲しいことはしっかりアピールするべきです。

ただし、口先だけで自分を大きく見せることは、入社後に厳しい環境に追い込まれるリスクがあります。私の会社にもビックマウスで転職してきた人がいましたが、入ってみると活躍できずに呆れられたりしています。正直に自分と向き合うことが大事なんです。

おすすめ転職エージェントサービス2選

私の会社でも使用している転職サービスを2つ紹介します。

利用する転職エージェントサービス数

実際に使ってみると分かりますが、転職エージェントサービスをやたらめったら登録してしまうと、求人案内のメールや電話が処理しきれません。併用したとしても2つ、多くても3つのサービスの登録で十分です。数を登録すればいいというわけではないのです。

以下の2つは業界大手であり比較的保守的な私が働いている会社でも利用していますので、不安なく使って頂ければと思います。

リクルートエージェント

新卒採用の大手情報サイトのリクナビ、既卒採用の大手求人サイトのリクナビネクストを運営するリクルートグループのエージェントサービスであるリクルートエージェントです。

求人の豊富さ、幅、エージェントの質、どれも不満なく転職活動のサポートになると思います。安定した実績があるので「とりあえず登録」もありです。

経理という職種に限らず、幅広い求人があるので多くの選択肢を残したまま登録ができます。

私自身も、一度登録してエージェントに会っていますが、どのように転職活動を進めていくのかを丁寧に説明して頂き好印象でした。

JAC Recruitment(ジェイエーシー リクルートメント)

日系企業はもちろん、グローバル企業が多く募集を掛けているのがJAC Recruitmentです。すでに経理経験がある方は特に利用しやすいです(実際には簿記初学者レベルの方でも使われています)。

より経理にフォーカスして仕事を探したい方、仕事で英語を使いたい方、海外勤務を視野にいれている方はここを使ってみて欲しいです。あまり一般では知名度はないかもしれませんが、業界ではメジャーです。

なお、英語力と会計知識という組み合わせは市場価値が高く、高年収の募集要項が多く紹介されています。

実は私の先輩も使っていました

残念ながら私のいる会社から転職してしまった先輩がいましたが、JAC recruitmentを使って転職されていました。海外志向の強い優秀な先輩でした。

実は、転職活動をしているときに、内々でその様子を教えてもらっていましたが、優良なクローズド案件をバンバン紹介していました。ステップアップしたい方、上昇志向の強い方はぴったりだと思います。

若い方や経理経験がない方はこちらもおすすめ

マイナビジョブ20’s

第二新卒、20代の方であれば、マイナビジョブ20’sが使いやすいと思います。エージェントも若い転職者に慣れている印象で、転職者の希望を上手くキャッチアップしてくれます。

「どのような環境で経理の力をつけていこうか」というスタートアップ段階の方でも利用し易いのが魅力です。

登録してエージェントに会ってみようよ

転職サービスに登録すると、自分の経歴や希望をエージェント(代理人)に話すことになります。

そこまでアクションを起こすことメリットがあり、自分の就職活動で把握すべき情報が入ってきます。

  • 自分が望むような就職先が転職市場にどの程度存在するのか
  • 自分が転職市場において年収いくら程度と評価されているのか
  • 自分のスキルをどのように売り込めば有利に進められるのか

基本的に彼らは味方です。就職活動が上手くいくようサポートをしてくれます。それは彼らにとって担当した転職希望者が採用されると成績となるからです。

安心して欲しいのは、成績のためにただゴリ押しで転職を決めさせようとするエージェントは稀だということです(たまにいらっしゃいますが・・・)。入社後に企業と転職者の間に重大なミスマッチがあると、転職者からのクレームに繋がったり、企業からの信頼が落ちてしまいます。

基本的には皆さんプロ意識があり、転職活動を後方からサポートをしてくれます。

トミーからの応援メッセージ

ここまで転職者目線でのコメントを書いてきましたが、最後に私たち企業側の目線でエールを送りたいと思います。

実は、あまり想像がつかないかもしれませんが、企業側も採用についてはとても真剣です。特に中途採用はなおさら必死です。多くの企業は、募集をしているときには欠員を抱えており、(将来的に)戦力となる社員を必要とし欲しがっています。いい人材がいればスピーディーに採用をしたいと考えています。

転職者と採用する企業側、双方にとって真剣な選考の場を、よりポジティブなものに捉え、目指している未来に向かってがんばってください。

一緒に数字に向き合う、経理の仲間が増えることを楽しみにしています。

登録する気になった方はこちらからどうぞ。

あなたがよりよい人生の転機を迎えることを願っています。

ポイントサイトの活用術

「ポイントサイト」を一言で表すとウェブ広告の集合サイトです。

経由してECサイト利用やヘアサロンの予約を行うことでポイントが貯まります。