【得する趣味】ポイントサイトの使い方

3年間ハマってたスマホのソーシャルゲームDQMSLに疲れて引退した話

今回のキーワード DQMSL ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト ソシャゲ 引退

唐突ですが、今年の6月頃にスマホのソーシャルゲームを辞めることができた話をしたいと思います。

30代のサラリーマンの私は、ドラクエのソシャゲであるDQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)に4年ほど熱中していました。

とても楽しんでいましたが、遂に辞めることができたので経緯をまとめます。

どれだけハマっていてどんな問題があったか

DQMSLの仕組みと私の楽しみ方

DQMSLは、2014年1月にリリースされたドラゴンクエストモンスターズのソシャゲです。

いわゆるガチャで手に入れたモンスターでクエスト攻略を楽しんだり、闘技場とういうユーザー同士で行う対戦をします。典型的なソシャゲの仕組みで、課金すればたくさんガシャができて、強いモンスターで楽しめるというものでした。

これには、ゲーム運営に工夫がされており、どんなに強いモンスターを手に入れても終わりがないようにできています。

DQMSLの仕掛け(罠)
  • 定期的に新しくより強い(特別な)モンスターが登場して盛り上がるため欲しくなる
  • 弱くなったモンスターも一定期間を過ぎると強化されるアップデートがある
  • クエストや闘技場も仕組みが更新され楽しみ方が変わる
  • ドラクエ世代には懐かしい演出等が随所に織り込まれている
  • ドラクエが好きなユーザーが多くユーザー間で盛り上がる

はっきり言って、キリがないわけです。

それでも、ドラクエの思い出や好きなモンスターがいると、思い入れがあって楽しめてしまい、なかなか辞められないのです。

私はこのゲーム、2015年の5月くらい(ギュメイ将軍登場)に出会い、2018年の6月くらいまで熱中していました。約3年間、隙間時間には常に遊んでいるという状態でした。

自分なりに規制をするため、一応大前提となるルールを自らに課して楽しんでいました。

それは「絶対に課金しないこと」です。

このゲーム、課金しないでも楽しめてしまうのです。定期的にガシャが引けるし、不定期に無課金を含めた大サービスもあります。運営会社としては、無課金ユーザーでもゲーム全体が盛り上がれば課金している人への射幸心を煽ることができるため、けっこうお金を出さない人にも寛容なんですね。

それでも、往復の電車での通勤時間、帰宅後、休日の隙間時間と、ずっとスマホを片手に遊んでいたという状況でした。

具体的にはどれだけ遊んでいた?

このゲームをやっていた人しか分からないかもしれませんが、私の状況を少し具体的に説明します。

  • クエストは全てクリアしてPL270前後
  • みん冒は9割以上の武器を+7まで強化
  • 魔王は星4も数体、一通り1体は持っていた
  • たまにリアルのイベントにも顔を出していた

無課金なりに最大限マメに遊んでいたと言っていた自負しています。

思い入れも含めて最強の魔王だと思っているゾーマが当たったときは震えました(最終的に星3です)。

ハマっているとどんな弊害があるか

私は無課金である一方で、日常生活の相当をソシャゲに費やしていました。

私が実感したデメリットは以下の通りです。

ソシャゲにハマることのデメリット
  • 隙間時間が埋まってしまうので他のすべてのことの情報に疎くなる
  • 遊んでない時間もゲームのことを考えてしまう
  • 頻繁にスマホで遊んでいるのは近い関係の人ほど気付いている
  • 家族との会話中に遊ぶようになり会話がおざなりになる

楽しいのはいいのですが、デメリットが大過ぎます。辞めるときにやっと気付きました。

さらに、課金している方は、「お金もなくなる」という重大なデメリットがあります。

時間とお金の使い方は人それぞれです。しかし、平均年収の範囲内の人が、ソーシャルゲームに月の食費以上のお金を使うようなことは、間違いなく異常なことだと思います。

振り返ったときには「無駄金使ったな」と後悔する人がほとんどだと思います。

引退するに至った経緯とおすすめの引退方法

何が引退のきっかけになったか

「なんとなく、少しずつゲームに愛想が尽きた」つもりですが、やっぱり周りの環境を気にし始めたというのもあるような気がします。

ゲームをいじり過ぎていると、実家の家族や奥さんにも、「ほどほどにしておきなよ」ということも言われました。

私は30代です。ちょっとずつ大人になって、自分がやっていることを客観的に見られるようになってきました。複合的な要因を整理すると、「自分を少し客観的に見たときに、デメリットだらけの行為であることに気付いた」ということだと思います。

そして、気付いたときにちゃんと辞めることが大事だと感じます。それが大人ということだと思うのです。

私の引退方法解説&と同じように辞めたい人へ

私は、まず奥さんに「辞めようと思う」ということを話しました。すると、「いいじゃない」との返事。ここで自分の選択に間違いがないと自己肯定しました。

そこで次に、一緒にゲーム内で友達になりやり取りをしていた方に引退を宣言しました。ここで後戻りができなくなります。

少しセンチな気分になりつつも、餞の言葉を頂戴してゲーム内の友達登録を解除しました。

そして最後に、アプリのアンインストールをしました。

同じように辞めたい方、引退しようか悩んでいる方へのメッセージとしては一言、「今、この場で辞めましょう」と伝えたいです。

ソシャゲを引退するときの3ステップ
  1. 親族や友達に引退宣言する
  2. ゲーム内の仲間に引退宣言する
  3. アンインストールorアカウント削除

私が辞めたあとに始めた趣味活動

ポイントサイト活用で旅行資金調達

ネットサーフィンしていると、ポイントサイトを使って世間の常識以上にお得に旅行に行っている人達がいることが分かりました。

極端なところを言うと、陸マイラー(飛行機に乗らずにマイルを貯める人)が該当しますが、そのような方々はあらゆるリソースを陸マイル活動に費やしています。

私は、可能な範囲でソフトな感じでポイント活動をスタートしました。

「ポイントサイト」と「JAL どこかにマイル」で国内線航空券を無料で発行

2018年は合計68,386円分のポイント獲得-ファンくる/ハピタス/モッピー

実益を兼ねるので奥さんに喜ばれています。実際に行った旅行の話はこちらです。

私の「JAL どこかにマイル」結果を振り返り(過去5回)

本当にブセナホテル(沖縄の高級リゾート)は最高でした。

アマゾンプライムで好きな映画を観る

これは現在検討中ですが、amazon prime会員になり、映画を鑑賞することです。

入会はもう少し考えてからにしようと思います。

ポイントサイトの活用術

「ポイントサイト」を一言で表すとウェブ広告の集合サイトです。

経由してECサイト利用やヘアサロンの予約を行うことでポイントが貯まります。